記事詳細

トランプ大統領、台湾との関係強化へ 異例7000億円相当の武器売却 識者「日本も歩調を合わせよ」 (2/2ページ)

 台湾国防部は、9日から10日にかけて、中国軍の戦闘機「Su-30(スホーイ30)」や「殲10」など軍用機多数が、計40回以上、台湾南西の防空識別圏に次々と侵入した、と発表した。

 これに対し、トランプ政権は台湾の安全保障への関与を強めている。昨年はF16戦闘機や、M1A2戦車など大型の武器売却を決定。今年に入り、台湾が自主建造している潜水艦向けに、MK48大型誘導魚雷18発の売却も決めた。

 こうしたなか、台湾の民主化に貢献した李氏の告別式が19日、台北近郊にある真理大学の礼拝堂で、蔡英文総統らが参列して行われる。米国務省は、キース・クラック国務次官(経済成長・エネルギー・環境担当)を派遣する。

 トランプ政権は、菅政権内の「親中派」を警戒しているとされるが、日本はどうすべきか。

 国際政治に詳しい福井県立大学教授の島田洋一氏は「トランプ政権は、中国と対峙(たいじ)して、台湾と関係を深める外交姿勢を強めている。日本は安倍政権時代、中国のハイテク分野の締め付けを行い、米国に高く評価された。菅政権も安倍路線を継承して、欧州に先んじて米国と歩調を合わせれば、日米の信頼関係は崩れないだろう」と語った。

関連ニュース