記事詳細

【不肖・宮嶋 コラコラ記】伊勢谷容疑者を擁護する方々、麻薬はコロナより恐ろしいんや! (1/2ページ)

 いよいよや…夕刊フジが駅のスタンドなどに並ぶころには、東京都内のまっとうな飲食店は夜10時までに閉店する自粛を止め、ワシら飲んべえも時間を気にせず…とまではイカンが終電ぐらいまでは、若造らがドンちゃん騒ぎ、繰り広げてそうな店は避けて、もう2時間ぐらいは、静かに、のんびり飲めるようになるっちゅうことやな。

 さらに来月1日には、このまま新型コロナウイルスの感染が再び、爆発的に拡大せん限りは、ワシら都民も「Go To トラベル」キャンペーンの恩命にあずかれるようになるのである。

 こんなコロナ禍の暗い世が続く中で、数少ない光明が見えたんや…って…何でこんな時にまで大麻やって世間騒がすの? 日本の芸能人の方々は…。

 今回逮捕された伊勢谷友介容疑者…。この不肖・宮嶋が願書出すのさえためらった、国立の東京芸大に一発合格、学生時代からモデル稼業、そしてこのワシでさえ記憶に残る俳優かつ映画監督もやってたけど…まぁパクられても、判決は執行猶予がついてシャバへ出てきたら、ちょっとだけ間空けた後に、舞台に立ちよるんやろな…。

 何ちゅうてもパクられた直後ですら、共演した、あの大物反戦女優から「容疑者」としてではなく「さん」づけで呼ばれ、早い復帰を望まれただけやなく「事実はまだ分かりませんが」って…配給会社も「作品と個人は別」などという理由で、出演映画のノーカットでの上映が決まったくらいである。

関連ニュース