記事詳細

菅内閣、新閣僚の顔ぶれとその狙い 官房長官に加藤勝信氏、防衛相には岸信夫氏、行政改革担当相には河野太郎氏、法相には上川陽子氏 (1/2ページ)

 自民党の菅義偉総裁(71、無派閥)が16日、首相就任後に発足させる内閣の陣容が固まった。手堅い顔ぶれだが、官房長官に加藤勝信厚労相(64、竹下派)を充て、防衛相には安倍晋三首相の実弟である岸信夫元外務副大臣(61、細田派)を初入閣させる。菅氏肝煎りの行政改革・規制改革担当相には河野太郎防衛相(57、麻生派)を、法相には上川陽子氏(67、岸田派)を再登板させるなど、「意図」を感じさせる布陣となった。

 「思い切って、私の政策に合う人を登用する」

 菅氏は総裁選で圧勝した後、人事について、こう語っていた。

 まず、自身の後任である官房長官には、加藤氏を起用した。2012年の第2次安倍内閣の発足後、約2年10カ月間、官房副長官として、菅氏の下で働いた「安定感」が買われた。

 政治評論家の伊藤達美氏は「菅氏と同じく『華』こそないが、答弁能力が高い。同じ竹下派の茂木敏充外相(64)や、総務相になる武田良太氏(52、二階派)と同様、『将来の派閥トップ』『首相候補』として育てたいとの思いがあるようだ」と語る。

関連ニュース