記事詳細

【永田町・霞が関インサイド】「河野官房長官」なら祝儀支持率60%超も 9月解散説に「2つの任期」 (1/2ページ)

 自民党総裁選は「9月8日告示、14日投開票」の日程で実施される。結果は明らかだ。菅義偉官房長官が、石破茂元幹事長と岸田文雄政調会長を大差で破り、新総裁に就任する。

 そして、16日に召集される臨時国会の衆参両院本会議の首相指名選挙で第99代内閣総理大臣(首相)に選出される。菅政権の誕生である。

 では、なぜこの時期の政権交代であったのか。もちろん、安倍晋三首相が8月28日の記者会見で、体調不良を理由に辞任を表明したからだ。

 ところが、永田町では菅氏が総裁選出馬を発表した9月2日直前から、「早期の衆院解散・総選挙説」が主流となり、選挙日程まで記述された「竹下カレンダー」(日程作りの名人・竹下登元首相にちなむ)と題されたペーパー(A4版1枚)まで出回った。「9月29日衆院解散、10月13日公示、25日投開票」説には、筆者もその責任の一端がある。

 繰り返すが、なぜ早期解散なのか。一言でいえば、「2つの任期」がその理由である。

 新総裁の任期は来年9月末の安倍総裁の残る任期であり、現衆院議員の任期はその翌月の10月21日までである。「2つの任期」があることが新首相の脳裏に早期衆院解散・総選挙をインプットしているのだ。安倍首相の辞任は「2つの任期」問題の解決にはならない。

関連ニュース