記事詳細

藤井棋聖、王位を獲得 最年少2冠・八段昇段 「4連勝は実力以上」

 将棋の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑む第61期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)の第4局が19、20の両日、福岡市中央区で指され、後手の藤井棋聖が80手で勝ち、シリーズ4連勝で初の王位を獲得した。藤井新王位はヒューリック杯棋聖戦に続く2冠目で、獲得タイトル通算2期の昇段規定を満たし、20日付で八段に昇段した。

 18歳1カ月での2冠、八段昇段はいずれも最年少記録を更新。これまでの最年少2冠は平成4年9月、羽生善治九段(49)が王座と棋王を保持した21歳11カ月。最高の九段に次ぐ八段昇段は昭和33年4月、加藤一二三(ひふみ)・九段(80)の18歳3カ月だった。

 藤井新王位は7月16日に最年少の17歳11カ月で初タイトルの棋聖を奪って、屋敷伸之九段(48)が平成2年に作った18歳6カ月を30年ぶりに更新した。

 藤井新王位は終局後、「4連勝は望外で、実力以上の結果」と語り、最年少2冠・最年少八段については「意識していなかった。棋聖戦、王位戦と今年は2つのタイトル戦に出ることができ、結果を残すことができたのはいい収穫になった」と喜びを口にした。

 一方、昨年、史上最年長の46歳3カ月で初タイトルを獲得し、「中年の星」と話題を集めた木村前王位は初防衛に失敗し、無冠となった。(産経新聞)

関連ニュース