記事詳細

【日本を守る】アメリカVS中国、最終ラウンド! 習氏、国内支持獲得へ尖閣諸島攻撃も…共産中国で“もっとも愚かな”指導者 (1/2ページ)

 11月3日の大統領選まで、あと2カ月あまりのドナルド・トランプ米政権が、中国共産政権の打倒へ向けて、アクセルをいっぱいに踏み込んでいる。

 トランプ政権が7月、テキサス州ヒューストンの中国総領事館の閉鎖を命じた翌23日、マイク・ポンペオ国務長官はカリフォルニア州のリチャード・ニクソン大統領記念館を訪れて、「このまま中国を放置しておけば、自由世界が滅びる。世界はどちらかを選ばねばならない」という意味の衝撃的な演説を行った。

 といって驚くことはない。トランプ政権は昨年、マイク・ペンス副大統領が中国の覇権主義を、歯に衣(ころも)を着せずに糾弾したのをはじめ、容赦せずに中国を追い詰めてきた。中国めがけて、5ノ矢、6ノ矢と、次々と矢を放ってきた。

 これは、中国の習近平国家主席が招いたことだ。習氏は「米国が力を弱めている」と誤算して、舞い上がって、南シナ海の内海化を進め、周辺諸国を脅かすかたわら、ヨーロッパまで勢力圏に組み入れる、中国製シルクロードである「一帯一路」戦略を強行してきた。

 習氏はことあるごとに、自信満々と「中国共産党は中華民族の偉大な復興を成し遂げた」と演説し、「軍事闘争の準備を最重要視する方針を堅持する」と訴えてきた。

 私は2年前の12月、夕刊フジの連載の中で、「トランプ政権の真意は、中国共産党体制を打倒することだ」と書いた。かつてロナルド・レーガン政権が、ソ連を1991年に崩壊させたように、共産中国を倒すことをもくろんでいる。

関連ニュース