記事詳細

新型コロナは「全国問題」へ 新規感染者数、東京は頭打ちの兆しも…愛知や大阪、沖縄では感染加速 (1/2ページ)

 もはや「東京問題」では済まなくなっている。7日の東京都の新型コロナウイルスの新規感染者数は462人と過去最多に近い高水準となり、相変わらず危機的状況は続いているが、その数は7月10日頃から高止まりの横ばい状態が続いており、頭打ちの兆しもみえている。一方で、愛知県や沖縄県では増加ペースが加速し、感染拡大のスピードが第1波に近づいているとの懸念もある。

 東京都では6日に続いて、7日の感染者数も1週前(7月31日の463人)と比べて微減しており、わずかながら2日連続で前週の感染者数から減っている。1日の感染者数が東京だけで1000人を超えるのも近いとみられていたが、東京はピークを越えたのか。

 東北大学災害科学国際研究所の児玉栄一教授(災害感染症学)は「先週後半にピークを迎えて以降、やや下がっているようにもみえるが、日々の変動もあり、1カ月ぐらいの長さで判断する必要がある」とみる。

 都から日々発表される感染者数については「PCR検査も可能性が高いところを狙えば数字が上がり、低いところをやれば下がるので濃淡が出てくる。検査対象の内訳が分からない以上、感染者の増減だけは語れない状態だ」という。

関連ニュース