記事詳細

米中緊迫“戦争前夜” 閉鎖の中国総領事館は「最悪の犯罪拠点」 中国側も領事館閉鎖で対抗の異常事態、南シナ海では軍事的緊張高まる (2/2ページ)

 報道では、24日の閉鎖期限を過ぎた後、米当局者らが確認のため中国総領事館の敷地内に入ったという。

 これに対し、中国外務省の汪文斌報道官は25日に発表した談話で、米当局者が中国総領事館に「強引に入った」として「強い不満と断固とした反対」を表明した。米側に厳重な申し入れを行ったという。

 米中は、南・東シナ海での中国の軍事的覇権強化をめぐっても緊張している。米海軍は今月、原子力空母2隻を南シナ海に展開し、演習を繰り返した。中国軍は25日から8月2日まで、広東省雷州半島沖の北部湾で実弾演習を実施して、対抗している。

関連ニュース