記事詳細

「性的スキャンダル」続出で…韓国・文大統領、支持率下落! 元慰安婦支援団体も疑惑まみれ

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率下落が続いている。世論調査会社「リアルメーター」の20日の発表で、支持率は前週から3・9ポイント下がり44・8%。不支持も51・0%と支持を上回った。与党「共に民主党」所属の主要首長による性的スキャンダルが相次いだことが一因のようだ。

 女性秘書にセクハラで告発され自殺したソウル市の朴元淳(パク・ウォンスン)市長は、人権派弁護士として知られた。慰安婦問題をめぐる日本大使館前での抗議集会にも参加していた人物が裏で女性の人権を傷つけていた疑いが浮上した。

 4月には第2の都市、釜山(プサン)市の呉巨敦(オ・ゴドン)市長が市の女性職員へのセクハラ疑惑で辞任した。2018年には中部・忠清南道(チュンチョンナムド)の安煕正(アン・ヒジョン)知事(当時)が性的暴行で秘書から告発され辞任し、実刑判決を受けた。

 元慰安婦の支援団体も疑惑まみれだ。韓国は日本の過去を批判する前にやることがあるのではないか。

関連ニュース