記事詳細

中国「露店経済」巡り習近平主席と李克強首相がつばぜり合い (1/2ページ)

 中国の李克強首相が7月初旬、中国内陸部の貴州省貴陽市を視察した際、集まった市民に対して、「ここに来るまでに、いろいろと見てきたが、動いていない工場が多いようだ。失業者対策をしっかりとしなければならない」と感想を述べていたことが分かった。さらに、李首相は市民に「いま一番難しいことは何だと感じていますか」と質問。ある市民は「仕事がないことだ。コロナのせいで、仕事がなくなった。仕事を見つけることが一番難しい」との答えが返ってきた。

 李首相は今年5月下旬から6月初めにかけて、新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動の停滞への雇用対策として、屋台などの「露店経済」の活性化を主張していた。だが、習近平国家主席らの反対で、露店経済を否定された経緯があり、この貴州省の視察で、習主席らの経済対策の失敗を印象付けようとしたとの見方が出ている。

 中国メディア「新浪財経」によると、李首相は今月7日、貴陽市にある貴州省政務サービスセンターを視察。その帰り際に、センターの門の前で待っていた市民らのグループに、李首相は冒頭の質問をした。この答えを聞いた後、さらに、李首相は同じ質問を投げかけたところ、別の市民も「仕事がなくて、生活ができないんだ」と大声で返事したという。

 しかし、李首相は市民の訴えには直接答えず、話題を貴州省の交通インフラ建設に切り替え、「交通インフラの建設で、仕事が増えるようになります。そのときには、みなさんが雇われるようになりますよ」との言葉をかけた。

 さらに、李首相は「貴州省は動いていない工場が多いけれども、これからは失業者対策をしっかりとやります」と語り、首相としての決意をにじませたという。

NEWSポストセブン

関連ニュース