記事詳細

米政権、対中“波状攻撃”開始! 中国の南シナ海主張を「完全に違法」と断定し「航行の自由」作戦も実施 香港抑圧に「制裁法」成立 (1/2ページ)

 ドナルド・トランプ米政権が、香港の「高度な自治」を消滅させ、南シナ海で軍事的覇権拡大を進める中国共産党政権への波状攻撃を開始した。マイク・ポンペオ国務長官が13日、中国の南シナ海に関する主張を完全否定したうえ、トランプ大統領は14日、香港の自治抑圧に関与した中国当局者らを対象に制裁措置を定めた「香港自治法案」に署名したのだ。同法は成立した。自由主義と全体主義の戦いは、さらに激化しそうだ。

 「中国は香港の自治を消滅させた。抑圧的な政策に対する責任を取らせる」

 トランプ氏は14日、法案署名後、中国による「香港国家安全維持法(国安法)」施行について、こう非難した。

 香港自治法は、返還後も香港の「高度な自治」を維持するとした1984年の「中英共同宣言」に反した中国当局者らを特定し、議会に報告するよう要求。大統領に、当局者の米資産凍結やビザ(査証)発給停止、金融機関に対する米銀行の融資禁止などの制裁を科すよう求めている。

 共産党幹部の多くは、「将来の逃亡」に備えて欧米諸国に隠し資産を持っている。今回の制裁は、習近平体制に打撃を与えることになりそうだ。

 これに先立ち、ポンペオ氏は13日の声明で、「中国が南シナ海のほぼ全域で海洋資源権益を主張し一連の権益を支配しようと(近隣諸国を)威迫しているのは『完全に違法』だ」と言明した。

関連ニュース