記事詳細

やはり中国とWHOが隠蔽していた!? 昨年すでに「人から人へ」コロナ感染を把握…中国出身の女性研究者が暴露 (1/2ページ)

 やはり、中国と世界保健機関(WHO)が隠蔽していたのか?! 中国出身の感染症専門家の女性が、米メディアの取材に応じ、中国で昨年12月、新型コロナウイルスの「人から人」への感染が起きていたものの、中国当局によって隠蔽されていたと証言したのだ。WHOも認識していた可能性がある。米国の「WHO脱退」通告にも影響したのか。

 衝撃の告発をしたのは、中国出身で香港大学公共衛生学院のウイルス専門家、閻麗夢氏。11日までに米FOXニュースに証言したという。共同通信は12日、米政府系放送局、ラジオ自由アジア(RFA)の報道として伝えた。

 証言によると、閻氏は昨年末、中国武漢市で感染が初確認された直後、WHO専門家とともに極秘に調査を開始した。12月31日、中国当局がすでに、「人から人」へ集団感染が起きていることを把握していると中国疾病予防コントロールセンターの友人に確認した。感染は非常に深刻だったが、中国当局は誰もこのことを公表することを許さなかったという。

 閻氏は今年4月末に渡米。直後に山東省青島市の実家に公安関係者が訪れ、家族が嫌がらせを受けたという。

 新型コロナウイルスによる原因不明の肺炎が報じられたのは昨年12月だが、WHOは1月中旬時点で、「人から人」への感染は確認されていないと説明していた。

 ところが、武漢市が今年1月23日にロックダウンするなど感染の拡大が確認されると、WHOは同月30日、「緊急事態」を宣言した。閻氏とWHO専門家が昨年末から共同調査していて、知らなかったといえるのか。

関連ニュース