記事詳細

【「反日」文政権への反撃】憎しみしか生まない、韓国の「対日ヘイトアクション」 日本製品たたきこわし、東京五輪を揶揄し妨害で…日本人の心に怒り (2/2ページ)

 そのような反日洗脳施設は各地にあり、小中学生が授業の一環として見学し、日本への恐怖と憎悪がたたき込まれる。だからこそ、当然の権利として日本人を貶める「対日ヘイトアクション」を、今や国家ぐるみで行っているのだろう。

 身に覚えのない「濡れ衣」を着せられて侮蔑され、世界中に悪口を喧伝されるなら、日本人の心に「韓国への怒り」が生じるのは当たり前である。その怒りが一部で歪んだ形で噴出したのが、いわゆる「ヘイトスピーチ」ではないだろうか。無理に押さえつければ別の形で爆発する恐れがある。

 「ヘイトスピーチ」を本気で無くそうとするのなら、為政者は心無い日本人に反省を促す一方で、その元凶が度を越した「対日ヘイトアクション」であることを明確に指摘し、韓国側にも猛省を求めるべきである。

 さらに、歴史を歪曲(わいきょく)して日本人への憎悪を刷り込む「反日教育」を即刻是正するよう、文在寅(ムン・ジェイン)政権に強く要求しなければならない。憎しみは憎しみしか生まないからだ。 =おわり

 ■松木國俊(まつき・くにとし) 朝鮮近現代史研究所所長。1950年、熊本県生まれ。73年、慶応大学を卒業し、豊田通商に入社。直後から韓国担当を務め、80~84年、ソウル事務所に駐在する。秘書室次長、機械部次長を経て、2000年に退社。松木商事を設立する。

 韓国問題を長く研究しており、「慰安婦の真実国民運動」初代幹事長。著書に『恩を仇で返す国・韓国』(ワック)、『日本が忘れ韓国が隠したがる 本当は素晴らしかった韓国の歴史』(ハート出版)など。

関連ニュース