記事詳細

藤井七段、最年少タイトルに王手! 固定観念覆す一手で渡辺棋聖に完勝 ヒューリック杯棋聖戦

 東京都渋谷区の将棋会館で28日行われた第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第2局。藤井聡太七段(17)が、固定観念にとらわれない一手で第2局を完勝した。現役最強とされる渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=を相手に連勝し、一気に初タイトル獲得へ王手をかけた。

 先手は渡辺棋聖。第1局に続いて得意の戦型「矢倉」を志向したが、自玉を固める前に攻めに出た。序盤から鋭く攻めて主導権を握ろうとした渡辺棋聖に対し、藤井七段も激しく反発。

 守備に使うべき金を繰り上げて相手の攻め駒に対応させた大胆な一手に控室の棋士らからどよめきの声が上がった。自玉の守りが薄くなり、一気にピンチに陥る可能性があるからだ。

 「リスクがある手で自信がないと指しきれない。渡辺棋聖は戸惑ったのでは」と立会人の屋敷伸之九段(48)は驚いた。

 その後、藤井七段は最善手を積み重ねて少しずつ形勢を有利にし、渡辺棋聖を投了に追い込んだ。

 敗れた渡辺棋聖の話「大胆な指し方でこられ、均衡が取れるように指していたが、一気に悪くなった。(次局は)もう少し良い将棋を指さないといけない」

(産経新聞)

関連ニュース