記事詳細

【勝負師たちの系譜】日程重なるタイトル戦 若手棋士は防衛戦になると守りに入る? (1/2ページ)

 4月から延期されていたタイトル戦が、次々に始まってきた。従って複数のタイトル戦に出場する棋士は、かなり厳しい日程となるのは必至だ。

 ヒューリック杯棋聖戦に続いて、名人戦が2カ月遅れで三重県鳥羽市の『戸田家』から始まり、初戦は初挑戦の渡辺明三冠が豊島将之名人を破った。

 次に叡王戦が6月21日から開幕。対局場は伊豆今井浜海岸の『今井荘』で、ここは上皇さまが宿泊し、将棋を指している写真が残っている名旅館だ。

 挑戦者の豊島は名人戦第2局を山形県天童市の『天童ホテル』で勝利した翌日、天童から伊豆に移動しての対局である。

 叡王戦初戦は永瀬拓矢叡王に対し、相手の得意とする相早繰銀で対抗した豊島だが、全体的に抑え込まれて、大苦戦。

 「ニコニコ動画」解説の中村太地七段や立ち合いの私も、ハッキリ永瀬優勢の判断を下していたが、本人はそれほど良いとは思っていなかったのか、豊島の「何とか千日手に」というお願いをアッサリ受け入れてしまう。

 これには見ていた者、すべてが驚いた。いくら永瀬が千日手は苦にならないと言っても、私には千日手が成立した局面でも、叡王に勝ちがあると思っていたからだ。

 残念ながら指し直し局は、豊島の完勝に終わり、永瀬の千日手作戦は実らなかったが、ちょっと永瀬の変調を感じたものだった。

関連ニュース