記事詳細

藤井七段、王位戦も挑戦者に ダブルタイトル戦へ

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)は23日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指された第61期王位戦の挑戦者決定戦で永瀬拓矢二冠(27)=叡王(えいおう)・王座=に127手で勝ち、8日に開幕した第91期ヒューリック杯棋聖(きせい)戦五番勝負に続き、2つ目のタイトル挑戦を決めた。

 木村一基王位(47)に挑戦する王位戦七番勝負は7月1日に開幕。藤井七段は棋聖戦五番勝負とともにダブルタイトル戦を戦うことになる。

 王位戦挑戦者決定リーグで、藤井七段は白組を、永瀬二冠は紅組を、いずれも5戦全勝で制し、この日の挑戦者決定戦を迎えた。

 両者は今月4日に行われた棋聖戦の挑戦者決定戦でも顔を合わせ、藤井七段が勝利。17歳10カ月と20日でタイトル戦の舞台に立ち、屋敷伸之九段(48)が持つタイトル挑戦の最年少記録を4日上回り、31年ぶりに更新した。

 藤井七段は棋聖戦五番勝負第1局で渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=を破り、タイトル戦初勝利を挙げている。王位戦とのダブルタイトル戦で、やはり屋敷九段が持つタイトル獲得の最年少記録(18歳6カ月)の更新に挑む。

 終局後、藤井七段は木村王位について、「力強い印象」と語り、七番勝負については、「2日制で持ち時間が8時間の将棋は指したことがない。ゆっくり考えられるのはうれしい。しっかり整えて指していきたい」と抱負を語った。

関連ニュース