記事詳細

【昭和のことば】行動や言動がズレているさまをコミカルに表現する言葉 ズッコケる(昭和43年)

 さすがにいま使うとおじさん臭いのかもしれない。昭和後期でもどこか古ぼけたノスタルジックな言い方だった。

 ズッコケとは、行動や言動がズレているさま、ヘマをしたりうまくいかないさまをコミカルに表現することばだ。前年発売になった、ザ・ドリフターズの歌『ズッコケちゃん』から流行したといわれている。この時代は、「昭和元禄」といわれた太平ムード。多少ズッコケても生きていけそうな安心感に加え、ズッコケたやつも構わず面倒見ようよ、一緒にやっていこうよという、気持ちのゆとりがあった。

 この年の主な事件は、「マラソンの円谷幸吉が自殺」「米原子力空母エンタープライズが佐世保寄港」「金嬉老事件」「半日共系学生、東大安田講堂を占拠」「霞が関ビル完成」「イタイイタイ病を公害病に認定」「十勝沖地震」「小笠原諸島正式復帰」「札幌医大で日本初の心臓移植」「川端康成ノーベル文学賞決定」「3億円事件発生」など。

 学生運動が激化。全国115大学で紛争が発生した。この年の本は、有吉佐和子『不信のとき』、羽仁五郎『都市の論理』。映画『黒部の太陽』が封切り。テレビ番組では『連想ゲーム』や『巨人の星』が人気となった。また、第19回メキシコ五輪が開催。巷では、サイケデリックやアングラが流行した。

 高度経済成長時代には、このような失敗を許してもらうための「憎めない」ことばがいっぱいあった。「憎める時代」とまでは言わないが、あまり他人の「ズレ」や「失敗」に目くじらを立てすぎるのもどうかと思う昨今である。=敬称略 (中丸謙一朗)

 〈昭和43(1968)年の流行歌〉 「天使の誘惑」(黛ジュン)「恋の季節」(ピンキーとキラーズ)「星影のワルツ」(千昌夫)

関連ニュース