記事詳細

【勝負師たちの系譜】詰むか詰まないかの局面になれば…藤井七段のもの! ヒューリック杯棋聖戦 (2/2ページ)

 そして始まった五番勝負第1局。藤井は先手番を得たにも拘らず、得意とする角交換腰掛銀でなく、むしろ渡辺の方が経験の多い、同型の矢倉戦に誘導する図太さを見せた。

 そして将棋は藤井のペースとなり、そのまま押し切るかと思えたところで、藤井に大ポカと思える手が出る。しかしウッカリしても動揺せず、平然と相手を追い込むところが強さだ。

 そして最後は得意とする、詰むか詰まないかを読み切る局面になれば、もう藤井のもの。見事逃げ切って藤井が先勝した。

 今の藤井は、中原誠16世名人や羽生善治九段がタイトル戦に登場してきた時の雰囲気と、実によく似ている。

 ただしファンの中にも、最初から藤井に無敗でタイトルを集めてほしいと思う人と、最初だけはタイトル保持者が貫禄を見せてほしいと思う人に、分かれるのではないだろうか。

 ■青野照市(あおの・てるいち) 1953年1月31日、静岡県焼津市生まれ。68年に4級で故廣津久雄九段門下に入る。74年に四段に昇段し、プロ棋士となる。94年に九段。A級通算11期。これまでに勝率第一位賞や連勝賞、升田幸三賞を獲得。将棋の国際普及にも努め、2011年に外務大臣表彰を受けた。13年から17年2月まで、日本将棋連盟専務理事を務めた。

関連ニュース