記事詳細

【トニー・マラーノ 痛快!テキサス親父】米暴動の背後にトランプ大統領降ろし!? 病的といえるほど粘着質…左派メディアのフェイク・ニュースにも責任 (1/3ページ)

 米中西部ミネソタ州ミネアポリス市近郊で起きた白人警官による黒人暴行死事件から2週間となる8日、黒人男性ジョージ・フロイドさん(46)の追悼式が、故郷の南部テキサス州ヒューストンで開かれた。全米各地では2週間連続で、人種差別に抗議するデモが行われた。事件直後、一部で暴動や略奪行為が発生したが、米司法長官は背後に極左勢力「アンティーファ(ANTIFA)」などの過激派集団や、外国勢力の存在を指摘している。現地の状況はどうなのか。テキサス州在住の評論家のトニー・マラーノ氏が、緊急寄稿した。

 ハ~イ! みなさん。

 米国の混乱は、日本にも伝えられているようだな。

 平和的な抗議デモは歓迎するが、多くの暴徒が事件に無関係な人々を襲撃したり、商店から商品を略奪したり、建物や自動車に放火するなど、無法の限りを尽くしていた。現地警察と知事が「ミネアポリスで逮捕された暴徒の80%がミネソタ州以外から来ている」と発表していた。

 これが意味するのは、「ある大きな力が、この暴動を扇動している可能性がある」ということだ。俺を含めて、「11月の大統領選挙で、ドナルド・トランプ大統領を再選させないための工作の一部だろう」と分析している米国人は多い。

 ウィリアム・バー司法長官が4日の記者会見で、「極左勢力『アンティーファ(ANTIFA)』などの過激派集団が暴力行為を扇動し、実行した証拠がある」「外国勢力が暴力行為を増幅させる目的で(抗議デモと治安当局の)双方をあおり立てている」と語っていたが、納得するぜ。

関連ニュース