記事詳細

英製薬大手、新型コロナのワクチンを9月に供給開始へ

 英製薬大手アストラゼネカは21日、英オックスフォード大と開発を進める新型コロナウイルスのワクチンの供給を9月から始めると発表した。少なくとも4億回分の契約を結んだという。今年から来年にかけて10億回分を生産できる能力を確保したとしている。

 3億回分は米国、1億回分は英国に供給する見通し。アストラゼネカは試験を進めているが、ワクチンに効果がみられない可能性があるとも指摘している。

 日本政府は22日、企業がワクチンを大規模に生産する体制を整えるための費用を補助する仕組みを作る方針を決めた。ワクチンが実用化された際に素早く大量に供給できるようにする狙い。世界保健機関(WHO)が公表したリストによると、110以上の開発計画が進行している。(共同)

関連ニュース