記事詳細

働き方改革でストレス減か?4月の自殺者が大幅減も…心配な今後 専門家「夏以降は要警戒」 (2/2ページ)

 一方で、先行きについては不安なデータもある。帝国データバンクによると、13日時点で全国の新型コロナ関連での倒産件数が旅館・ホテル業や飲食店を中心に147件にのぼっている。

 東京都福祉保健局によると、3月の自殺相談ダイヤルへの相談件数は前年同月よりも93件増だった。政府もドメスティック・バイオレンス(DV)の増加や深刻化が懸念されるとして、24時間体制の相談窓口を設置している。

 前出の浅川氏は、「社会が混乱していても、すぐに自殺者が増えるわけではない。鬱には段階があり、まだ軽症段階の人が多いということだろう。これが少しずつ時間がたつことによって重症者が増えることにつながる。夏以降は警戒が必要だ」と懸念を示す。

 浅川氏によると、重要なのが「生活リズム」で、規則正しい生活が心身のバランスを整えるとアドバイスしている。

関連ニュース