記事詳細

【有本香の以読制毒】中国からの「日本回帰」と「消費減税」で自殺者を最小に抑えよ コロナ禍を生き延びた国民を一人でも死なせないために…安倍首相は決断を! (1/3ページ)

 4月の自殺者数が前年に比べ約20%減少したそうだ。新型コロナウイルスの脅威、その感染拡大防止のための「自粛」による経済縮小と、暗いニュースばかりの昨今、珍しく良き現象である。厚労省などのまとめによると、2020年4月の全国の自殺者数は前年同月に比べ359人少ない1455人、19・8%減。最近5年間では最も大きな減少幅だという。

 緊急事態宣言が出された4月、休業、休校、外出自粛を余儀なくされ、資金繰りなどに悩む人が増えた一方、職場や学校に行く機会が減ったことでストレスが軽減した人が多かったことが要因とみられる。この結果から一つはっきり言えることは、人皆、数多の悩みを抱えているとはいえ、人間関係によるストレスがいかに大きいかである。

 緊急事態宣言後のテレワーク実施を受けて行われた実態アンケートなどによれば、「新型コロナ終息後もテレワークを続けたい」と答えた人は半数を超え、20代と30代では6割を超えたという。

 もちろん、「相手の気持ちが分かりにくい」「自分の仕事が正当に評価されるのか分からない」「仕事に集中できない」「機器がそろっていない」などの不安や課題も挙げられている。

関連ニュース