記事詳細

藤井聡太七段、対局延期で“史上最年少”タイトル挑戦が困難に

 高校生棋士、藤井聡太七段(17)が大ピンチ! 日本将棋連盟は8日、政府が緊急事態宣言を31日まで延長したことを受け、遠征が伴う対局の延期を6月1日以降に延長すると発表した。これで、藤井七段の史上最年少タイトル挑戦が日程的に極めて困難となった。

 タイトル挑戦の最年少記録は屋敷伸之九段(48)が持つ17歳10カ月と24日。7月19日生まれの藤井七段が記録を更新するためには、6月11日までにタイトル戦に出場しなければならない。

 記録更新のラストチャンスは第91期ヒューリック杯棋聖戦(産経新聞主催)で、藤井七段は準決勝まで駒を進めている。タイトル挑戦にあと2勝と迫ったが、愛知県瀬戸市在住の藤井七段は遠征が伴うため、対局は延期されていた。今回の再延期で、6月1日以降に準決勝、挑戦者決定戦(決勝)が行われ、さらに11日までに棋聖戦五番勝負が開幕するのは日程的にほぼ不可能な状況だ。

 藤井七段は今後、史上最年少タイトル獲得(18歳6カ月)の記録更新を目指すことになる。

関連ニュース