記事詳細

うめきた地下「大阪駅」に JR西日本発表

 JR西日本は25日、2023年春に大阪駅北側の再開発地区「うめきた」の地下に開業予定の新駅について、大阪駅と改札内連絡通路でつないで同駅の一部にすると発表した。これまでは「うめきた(大阪)地下駅」との仮称を使っていた。

 大阪駅の新たなホームと位置付け、他ホームとの移動に使う約70メートルの連絡通路を整備する。新ホームと他ホームとの間の移動時間は6分程度となる見通し。