記事詳細

首都直下地震 渋谷・中野・杉並はなぜ危険とされるのか (1/2ページ)

 近い将来、起きる可能性が高いといわれる「首都直下地震」。人類が未だ経験していない、大都市への地震直撃に向けて、しっかりと備えておく必要がある。あなたの家、親族の家、子供の学校、職場は、安全な地域にあるのか、それとも、特別な備えが必要な場所なのか--。

 今回は渋谷区・中野区・杉並区の詳細な「ハザードマップ」を作成した。

 ※参考/東京都建設局「東京の液状化予測図 平成24年度改訂版」、東京都都市整備局「地震に関する地域危険度測定調査」、国土交通省国土地理院デジタル標高地形図、『首都大地震 揺れやすさマップ』(目黒公郎監修/旬報社)、『川の地図辞典 江戸・東京/23区編』(菅原健二著/之潮)

 ◆危険な住宅密集地こそ地域に目を向け協力体制を

 住宅密集地で、老朽化した木造家屋も多い中野、杉並エリアは「下町より危険」と指摘する専門家もいる。早稲田大学理工学術院教授の長谷見雄二さんはこう言う。

 「住宅の密集レベルは、都内で最も危険だと指摘される下町と変わりません。台地のため、地盤条件(揺れやすさ)は下町より良好ですが、それが仇となって地震への危機意識が薄い。そのため、下町より甚大な被害が生じるのではないかという声もあります」

 ひとたび火災が起これば、八方塞がりになる恐れがある。少しでも被害を減らすため、避難ルートは複数見つけておかねばならない。武蔵野学院大学特任教授の島村英紀さんはこう指摘する。

 「住宅が倒壊すると、逃げ道を塞いでしまいます。そのため、自宅の耐震補強をしっかり見直しておく。初期消火できるよう、消火器も準備する。いますぐできる大地震への備えはいくつもあります」

 関東大震災では、佐久間町(千代田区)の住民たちが協力して消火活動を行い、類焼を防いだという記録がある。さらに阪神・淡路大震災(1995年)では、近所の人々が倒壊した家屋から住人を救助し、一命を取り留めたということもあった。過去の災害から命を守るヒントを学ぶことが重要だ。

NEWSポストセブン

関連ニュース