記事詳細

米中、新型コロナで対立 外交担当が非難の応酬

 ポンペオ米国務長官は16日、中国外交担当トップの楊潔チ共産党政治局員と電話会談し、中国が新型コロナウイルス感染拡大の責任を米国に転嫁しようとしていると批判した。楊氏も反発し、新型ウイルスを巡り米中両国の外交担当が非難の応酬を繰り広げて対立を深めている。

 米国務省によると、ポンペオ氏は会談で「偽情報や奇妙なうわさを広める時ではなく、全ての国が(新型コロナという)共通の脅威と戦うべき時だ」と指摘。中国外務省の趙立堅副報道局長が12日にツイッターで「米軍が感染症を湖北省武漢市に持ち込んだのかもしれない」と主張したことを踏まえたとみられる。中国メディアによると楊氏は「中国の利益を損なう行為は、必ず中国の断固たる反撃に遭うだろう」と警告した。

 趙氏の主張を巡っては、国務省が13日に中国の崔天凱駐米大使を呼んで抗議。中国外務省の耿爽副報道局長は16日の記者会見で米側の反発を「理不尽だ」と批判した。(共同)

関連ニュース