記事詳細

【山口那津男 本音でズバッと】新型コロナ「感染防止」で小中高校臨時休校 取り返しつかない事態を避けた判断 (1/2ページ)

 安倍晋三首相は先月27日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、全国の小中学校、高校や特別支援学校を今月2日から春休みに入るまでの間、臨時休校にするよう要請した。

 学校現場が感染リスクを回避できるように、政治決断をしたものと受け止めたい。この1、2週間が重要な時期である。

 政府は、英国船籍のクルーズ船の乗客・乗員やチャーター機による帰国者などへの水際対策が一区切りつくのを見越して、国内感染対策を強化するため、先月25日、「基本方針」を発表した。特に、「小規模患者クラスター(集団)の感染連鎖を防ぐことが重要だ」と指摘して、現行と今後の具体策を列挙した。

 すでに、学校現場では、北海道や千葉県市川市、大阪市、堺市などで、自治体の判断による学校休校が行われている。教師や保護者、児童生徒にも感染者が出始めた。日常的に、長時間、集団で生活する学校は感染リスクが高まる。

 万が一、学校現場で感染が確認された場合、自治体などの設置者は、関係者への影響が大きいだけに、対応に苦慮するだろう。個別の対応に任せるだけでは、感染連鎖が起きたとき、決断に手間取って後手を踏むことになりかねない。

 そこで、あらかじめ安倍首相が「要請」というインパクトのあるメッセージを出したのは、学校現場がそれを受けるかたちで、感染リスクを低くする道を開いたものといえよう。

 とはいえ、現場は、戸惑いと混乱の声がしきりである。

 確かに、2日から臨時休校といわれても、学年末を控えて、春休みまでにやっておかなければならないことがたくさんあるし、子供も保護者も準備ができていない。

関連ニュース