記事詳細

橋下徹が語る「究極の人間関係術」--集団内の「権力者」を見極めよ (3/5ページ)

 目の前の人間関係にとらわれず、懸命に自分の仕事に取り組めば、必ず自分の商品価値が高まってくるはずです。そのような実力者を、あえて嫌な気持ちにさせるような人は、社会においてほとんどいません。実力ある人には、おべんちゃらを使う人がほとんどです。

 ある意味、人間関係に思い悩んでしまうというのは、自分の商品価値がそれほど高まっていないということでもあるのです。そして社会人としての仕事は、あくまでも「結果」が重んじられます。結果を出せるようになればあなたの商品価値が高まり、あなたを煩わせる人間関係などは雲散霧消していきます。そういう意味では、結果は重視されず、よく分からない感情的なものだけに左右される学校の人間関係よりも、会社における人間関係のほうが、よほどシンプルで対処しやすいといえるでしょう。

 集団内の「権力者」を見極めよ

 組織の中で、なるべくストレスなく仕事をするには「うまく立ち回る知恵」というものも必要です。会社の人間関係で悩むのは、誰とでもうまくやろう、誰からも好かれようとして気を遣いすぎていることが、大きな原因の一つでしょう。しかし、そこは自分の商品価値を高めるために、うまく利用してやるという強気の心もちも必要です。

 会社はいうまでもなく同好会や趣味の会ではなく、仕事をするところです。そして仕事をするところでは、結果を出すかどうかが最も重要です。同じチームに属する者同士、親睦を深めることで安心感を得られる一面もあるのでしょうが、それは副次的なものです。あくまでも仕事の結果を出すために、会社内の人間関係をうまく活用していかなければなりません。

 その一例として、組織において誰が強くて、誰が弱いのかという力関係を見極めることも非常に重要です。「相手の強い、弱いを見て、態度や振る舞いを変えることは卑怯(ひきょう)だ」と眉をひそめる人が多いかもしれません。しかし、きれいごとを言って人間関係に思い悩むよりも、あくまでも仕事上の人間関係だと割り切って、自分の商品価値を高めるための人間関係だけに集中するんだと決めたほうが、気は楽です。

 自分の商品価値を高めることにつながらないのなら、思い悩むことなく、そんな人間関係はズバズバ切っていけばいいし、場合によっては職場を変えればいい。逆に自分の商品価値を高めることにつながると、確かに感じるのであれば、多少嫌な思いをすることがあっても乗り切れるでしょう。

ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース