記事詳細

藤井七段、決勝トーナメント初進出 ヒューリック杯棋聖戦2次予選

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)は28日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた第91期ヒューリック杯棋聖戦(産経新聞社主催)の2次予選決勝で、後手の澤田真吾六段(28)に87手で勝ち、初の決勝トーナメントへ進出した。

 決勝トーナメントでは、藤井七段を含む2次予選勝者とシード棋士の計16人で渡辺明棋聖(35)=棋王・王将=への挑戦権を争う。

 藤井七段にはタイトル挑戦の最年少記録更新が懸かっている。屋敷伸之九段(48)が持つ17歳10カ月の最年少記録を更新する可能性を残すのは、例年6月初旬に五番勝負が開幕する今期の棋聖戦のみ。

 藤井七段は終局後、「決勝トーナメントでも厳しい戦いが続くので、一局一局大事にやっていきたい」と抱負を語り、記録更新については「まだ意識する段階ではない。少しでも上に進めたら」と話した。