記事詳細

阪神大震災から25年 災害への備えなど次世代につなげる取り組みを

 6434人が犠牲となった1995年の阪神大震災は17日、発生から25年となった。兵庫県内各地の追悼式典では、地震発生の午前5時46分に合わせ市民らが黙祷(もくとう)した。「慰霊と復興のモニュメント」がある神戸市中央区の公園「東遊園地」では、約5000本の竹灯籠に火を灯し、参加者が手を合わせて肉親や知人を悼んだ。

 震災から四半世紀が経過し、災害への備えや被災者支援のあり方などを次世代につなげる取り組みが課題となっている。

関連ニュース