記事詳細

計画的犯行も手口は雑? 「恨みがあった」東久留米市強殺・三ツ本容疑者が逮捕前に言及

 東京都東久留米市の住宅で会社員の二岡(ふたおか)一浩さん(55)が殺害された事件で、二岡さんの内縁の妻の次男で無職、三ツ本寛己容疑者(28)=強盗殺人容疑で逮捕=が逮捕前の任意聴取に「(二岡さんに)恨みがあった」という趣旨の話をしていたことが分かった。窃盗犯を偽装し第1発見者を装うなど計画的な犯行だったが、手口は雑なものだった。

 逮捕後は容疑を否認している。現場の住宅は三ツ本容疑者の実家で、二岡さんが三ツ本容疑者の50代の母親と同居し始めたのを機に別居。周囲の証言では以前から2人の関係が良くなかったといい、警視庁田無署捜査本部が経緯を調べている。

 1階の窓は火で熱する「焼き切り」と呼ばれる手口で割られていたが、ガラスに開けた穴が大き過ぎるなど手慣れていない痕跡だった。室内は靴の跡が確認されず、棚の引き出しが開けられているのに収納物がそのまま残されていた。

 三ツ本容疑者のスマートフォンには焼き切りについて検索した履歴があった。捜査本部は、窃盗犯を偽装し、合鍵で玄関から靴を脱ぎ侵入した可能性があるとみている。

 三ツ本容疑者は、海外旅行中の母親から実家の様子を見に行くよう頼まれ、事件の第1発見者として110番していた。