記事詳細

最高幹部がヒットマン 山口組直系「弘道会」襲撃で神戸山口組「山健組」組長を逮捕

 篠田建市(通称・司忍)6代目組長率いる国内最大の指定暴力団山口組と、井上邦雄組長をトップとする神戸山口組をめぐる“仁義なき戦い”に新たな動きだ。山口組直系「弘道会」神戸事務所前で8月、弘道会系組員が銃撃を受け重傷を負った事件。兵庫県警は3日、殺人未遂の疑いで、神戸山口組直系「山健組」組長、中田浩司容疑者(60)を逮捕した。県警は中田容疑者が銃撃の実行犯とみて捜査。有力幹部の逮捕で、一連の対立抗争に影響を与える可能性がある。

 事件は8月21日午後6時過ぎに発生。弘道会系組員(51)が、神戸市内の組事務所に車を止めようとした際に、ヘルメット姿の黒いバイクの男に銃撃され、腹や腕などに重傷を負った。

 捜査関係者によると、県警は事件の2日後、犯行に用いた可能性のある黒いバイクを現場の約600メートル南で押収した。さらに数日後には、乗り換えたとみられる白いバイクを、現場から約2・5キロ離れた病院駐車場で発見。その後、防犯カメラによる捜査を進め、白いバイクの男が神戸市内の山健組組長宅に入る姿を確認した。

 県警はこの男と中田容疑者が同一人物であると判断。殺人未遂容疑で逮捕状を取り行方を追っていたところ、3日に大阪市内で中田容疑者を発見、逮捕した。

 山健組は2015年に山口組から分裂して結成した神戸山口組最大の中核組織。中田容疑者は同組の若頭代行だった。

 山口組と神戸山口組の対立抗争は4月以降に激しくなり、山口組のナンバー2で強硬派で知られる高山清司若頭(72)が10月中旬に出所して以降、激化。11月には、元山口組系幹部に神戸山口組の古川恵一幹部(59)が自動小銃で射殺されるなど、これまで、神戸山口組側の組員3人が死亡している。