記事詳細

心不全治療に「細胞スプレー法」 再生医療として普及期待 大阪大が開発

 組織を修復する働きがある間葉系幹細胞を、心不全患者の心臓表面に直接投与して心機能改善につなげる「細胞スプレー法」を、大阪大の澤芳樹教授(心臓血管外科)らのチームが開発した。安全性や有効性を検証し保険適用を目指す。簡便に投与できるため、再生医療として普及が期待できるとしている。

 対象は、血流が悪くなり心臓の筋肉に血液が届きにくくなる虚血性心筋症患者。間葉系幹細胞を主成分に、既存医薬品の生体組織接着剤など含む製剤を患者に投与し、心筋を修復する。

関連ニュース