記事詳細

【昭和のことば】今でも知らない間に使っている…おおげさな驚きを表す感嘆詞 ギョッ(昭和24年)

 「ギョッ」は造語による感嘆詞。もしかすると、今でも知らない間に使っているおおげさな驚きを表すことばだ。この年、NHKの人気ラジオ番組『陽気な喫茶店』の中で、主演の内海突破(漫才師)がギャグとして使ったことから広まった。「ギョギョッ」などの活用形もある。

 まだ、テレビ放送が開始されていない時代の流行。若い世代にあえて分かりやすく言えば、NHK朝ドラ『あまちゃん』における「じぇじぇじぇ」ということになるのか。こういう感嘆詞はいつの時代も分かりやすく耳障りのいいことばで、ブームになりやすい。

 この年の主な事件は、「文部省、教科書用図書検定基準を決定」「第3次吉田茂内閣成立」「ドッジ公使、経済安定9原則実施に関する声明発表(ドッジ・ライン)」「東京消防庁、119番設置」「1ドル=360円時代に突入」「日本国有鉄道、日本専売公社発足」「国鉄総裁の下山定則氏、轢死体で発見(下山事件)」「三鷹事件、松川事件発生」「湯川秀樹氏、ノーベル物理学賞受賞が決定」「太平洋野球連盟(パシフィック)、セントラル野球連盟結成」など。

 水泳の古橋廣之進が1500メートル自由形で世界新記録を達成。文壇では、三島由紀夫が『仮面の告白』を出版。アメリカから、野球チーム「サンフランシスコ・シールズ」が来日した。

 「ギョッ」は、「ぎょっとする」という突然の驚きを表す古くからのことばから連想したと思われる。この「ぎょっとする」の語源は、中国古代の楽器「ぎょ」(虎が伏したような形の木製の楽器。これを竹製のササラでこすって鳴らす)の出すガラガラという音が、人を驚かすようなものであったことからとされている。(中丸謙一朗)

 〈昭和24(1949)年の流行歌〉 「トンコ節」(久保幸江)「長崎の鐘」(藤山一郎)「悲しき口笛」(美空ひばり)

関連ニュース