記事詳細

【勝負師たちの系譜】王将戦の挑戦者争いは“最も過酷なタイトル戦” 藤井七段に「最年少挑戦者のプレッシャー」か (2/2ページ)

 対局内容は、序盤で無理をした藤井が形勢を損ねて、広瀬ペース。終盤では藤井が追い込み、形勢が揺れる際どい勝負となったが、最後に藤井が詰まない自玉を逃げ間違えて詰まされる「トン死」を食って敗れた。

 詰将棋解答選手権4年連続優勝の藤井が、トン死したのは初めてであろう。他の棋士なら秒に追われたためと思われるが、藤井なら本来瞬時にわかる詰みだから、時間のせいではない。平静に見えて、史上最年少挑戦者が決まるこの将棋の大切さ、世間の期待の大きさなど、精神的にもプレッシャーがあったのかもしれない。

 将棋界は藤井一人が着火した形で報道されるが、今年いきなり二冠となり、タイトル戦いまだ負けなしという永瀬拓矢二冠などの精鋭が、なかなか取り上げられないのはどうしてか常々思うのである。

 ■青野照市(あおの・てるいち) 1953年1月31日、静岡県焼津市生まれ。68年に4級で故廣津久雄九段門下に入る。74年に四段に昇段し、プロ棋士となる。94年に九段。A級通算11期。これまでに勝率第一位賞や連勝賞、升田幸三賞を獲得。将棋の国際普及にも努め、2011年に外務大臣表彰を受けた。13年から17年2月まで、日本将棋連盟専務理事を務めた。

関連ニュース