記事詳細

インドネシアでM7・1 一部で最大10センチ津波

 【ジャカルタ共同】米地質調査所(USGS)によると、インドネシア・スラウェシ島北スラウェシ州の州都マナド沖で14日午前0時20分(日本時間15日午前1時20分)ごろ、マグニチュード(M)7・1の地震があった。気象当局は一時、津波警報を発令。一部地域に最大10センチの津波が到達した。これまでに被害情報は伝えられていない。

 マナド在住の女性は地元テレビの電話取材に「一時、パニックになったが、大部分の住民は落ち着いてきている」と話した。

 震源はマナドの東174・8キロ、震源の深さは45・1キロ。

 日本の気象庁によると、この地震で日本への津波被害の恐れはない。(共同)