記事詳細

博多金塊強奪事件の主犯格が波紋を呼ぶ手記発表 「宮迫博之とのツーショット写真」にも収まっていた人物 (1/2ページ)

 福岡・博多で白昼堂々、金塊が強奪された事件。あれから3年が過ぎたいま、主犯格として逮捕・起訴された男が手記を発表、波紋を広げている。題して「半グレと金塊 博多7億円金塊強奪事件『主犯』の告白」(宝島社)。“伝説の半グレ”と呼ばれ、吉本興業の闇営業問題で謹慎中の宮迫博之(49)とのツーショット写真にも収まっていた人物だ。いまなぜ口を開くのか。その真意は-。

 同書は10月末に発売され、通販大手アマゾンの本の売れ筋ランキングで事件部門1位になり、現在もトップ3に位置している。

 金塊事件は2016年7月、福岡市のJR博多駅前の路上で発生。実行犯が警察官を装い、金塊を運んでいた被害者らに近づき強奪した手口から「平成の3億円事件」と呼ばれた。事件は17年5月、約7億5000万円相当の金塊約160キロを盗んだとして、主犯格の野口和樹被告(44)が逮捕され急展開、最終的に計7人が起訴された。

 著者はその野口被告。窃盗罪で懲役9年の実刑判決を受け、現在、判決に不服として最高裁に上告する準備をしている。

 野口被告の半生は、反社会的行動の繰り返しだったと言っていい。1975年、岡山県に生まれ、幼少期に両親が離婚、壮絶な貧困を経験する。「ご飯にきなこをまぶした『きなこご飯』がご馳走、そんな毎日だった」(同書)。電気が止められた家は常に暗く、食べ物がない日はスーパーで万引した。

 7歳で名古屋市に引っ越し、不良少年となり、暴走族で大暴れ、強盗致傷罪で少年院へ送られた。竹下登首相を「褒め殺し」した右翼団体「日本皇民党」にも一時籍を置く。20代になると、自動車盗などで食いつなぎ、拘留されていた愛知県警守山署から脱走したこともあった。

関連ニュース