記事詳細

【くどうまおり 幸せおじさん製造所】パートナーを「異性」として見る意識が大切 (1/2ページ)

 前回(10月28日掲載)「パートナーさんと性の話をしましょう!」と書かせていただきました。

 性の話は避けがちだけど、夫婦にとって重要なこと。ちゃんと向き合いましょう、とお伝えしました。ただ、こちらの読者の方の中には、「今さら性の話なんて、できないよ…」という方もいるのではないでしょうか。

 お付き合いしたての頃は、相手のことを性的対象として見ていても、結婚や同棲、出産を経てしまうと、いつのまにか「性的対象」から「家族」になってしまい、発情の対象としてみられなくなりがちです。

 既婚者の男性が自分の奥様と性行為をしないことについて、「もう家族だし。妻とSEXすることは、近親相姦と同じだから」と話すのを聞いて、とても、とても悲しい気持ちになりました。

 家族であることに違いありません。出産を経験していたら、母親であることも間違いありません。でも、性転換をしない限りは生まれてからずっと、「女」であることも変わりません。女性としての扱いがなくなった瞬間、御本人の女性としての意識もなくなってきてしまいます。

関連ニュース