記事詳細

【勝負師たちの系譜】ポスト羽生は誰か “七冠すべてを制覇”した棋士の「後継者」という言葉には大きな意味 (2/2ページ)

 今だと棋界制覇と言えるのは、過半数の五冠くらいにならないと相応しくないかと思う。現在は残念ながら、それだけ飛び抜けた棋士はいないということになる。

 前述の計算方法では、どうしても違和感のある棋士もいる。代表は藤井聡太七段で、計算上は7等星だから、肉眼ではほとんど見えない明るさだが、実際は一番輝いて見える星とも言える。

 現在注目されているのは王将リーグだ。定員は7人で、タイトル保持者でも弾かれてしまう過酷なリーグを、現在3勝1敗。直近の対羽生戦は、堂々たる勝ち方で、羽生に初の土をつけた。

 藤井はまだ対局数は少ないが、ほとんどの棋士に勝ち越しているので、将来のポスト羽生を狙える可能性は、順位戦全勝の渡辺と共にある。

 今回の王将リーグで挑戦者になれば、また大いに話題となるであろう。

 ■青野照市(あおの・てるいち) 1953年1月31日、静岡県焼津市生まれ。68年に4級で故廣津久雄九段門下に入る。74年に四段に昇段し、プロ棋士となる。94年に九段。A級通算11期。これまでに勝率第一位賞や連勝賞、升田幸三賞を獲得。将棋の国際普及にも努め、2011年に外務大臣表彰を受けた。13年から17年2月まで、日本将棋連盟専務理事を務めた。

関連ニュース