記事詳細

【ジュリア・ミント プーチンの国より愛を込めて】ロシア鉄道旅の一期一会 (2/2ページ)

 “私は励ましや同情の言葉なんか欲しくない。でも聞いてくれてありがとう。又、子供の為にがんばろう!”

 私たちは別れの挨拶をしてウリヤノフスク駅で降りました。お互いに最後まで名前を名乗りませんでしたが、それでいいのです。

 なぜなら、彼女は自分の思いを2度と会うこともない私たちにさらけ出したことで、過去の呪縛から解放されたように見えたからです。

 これこそが、突然未知の人に心を開いたときに訪れる感情で、こちらでは“旅行仲間の効果”と呼ばれていますが、ロシアの鉄道旅には、時々このような一期一会があるのです。

 ■ジュリア・ミント 1994年ロシア連邦バシコルトスタン共和国生まれ。エカテリンブルクの医科大を経て、現在は大学院で眼科学を専攻する傍ら、日本人コンポーザーTAMAKIと共にノーザンスタイル・ダンスミュージック・ユニット“Crystal Mint”を結成。シンガーとして、主にヨーロッパで活動中。特技は英語、腕立て伏せ。

Instagram : https://www.instagram.com/crystalmintmusic/

Website : https://crystalmint.info/