記事詳細

北朝鮮、大陸間弾道ミサイル再開か? 正恩氏「白馬にまたがる写真」の意味

 白馬姿は何を意味しているのか。北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、「革命の聖地」とする中朝国境の白頭山(ペクトゥサン)に登頂。白馬にまたがる姿を披露した。

 正恩氏は「米国をはじめとする敵対勢力がわが人民に強いてきた苦痛はもはや苦痛ではなく、怒りに変わった」と対決姿勢を強調した。同通信は同行した党幹部らが「世界が驚く雄大な作戦が繰り広げられると確信した」と伝えた。

 対米交渉や核ミサイル開発で重大決定を下すとの臆測も出ている。ロイター通信は、米本土に到達可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試験再開の可能性があるとの専門家の見方を伝えた。

関連ニュース