記事詳細

【高橋洋一 日本の解き方】北朝鮮の非核化協議で功急ぐ米国…ボルトン氏不在で狭まる選択肢 日本の安保や拉致に悪影響も (1/2ページ)

 米朝の非核化協議について、北朝鮮側は「決裂」を強調している。何らかの成果を得たいトランプ米大統領の足元を見た戦略との指摘もあるが、協議の行方はどうなるのか。

 米朝の実務者協議は5日、スウェーデンのストックホルムで約7カ月ぶりに行われた。協議後、北朝鮮は「交渉はわれわれの期待に沿わず、決裂した」と発表した。一方、米国は「北朝鮮側と良い話し合いを行った」とし、2週間後に協議を継続してはどうかというスウェーデン政府の提案を受け入れたことを明らかにした。

 2週間後に再び協議が行われた場合、今回の協議で米国は北朝鮮に何らかの提案をしたが、北朝鮮が持ち帰ったということになる。北朝鮮が反発したのは、米国に対して、さらに譲歩せよとメッセージを送ったのだろう。

 米朝首脳会談は、これまで3回行われている。2018年6月、シンガポールでの1回目の会談は具体的な結果はなかった。19年2月の2回目のベトナム・ハノイでは交渉決裂だった。6月の3回目の板門店会談では、2~3週間のうちに実務者協議を再開するとされたが、4カ月後にようやく再開にこぎつけた。

 トランプ氏の前のめり感は否めないが、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、協議を先延ばしする間に既成事実を積み重ねて、有利な結論を得ようとしている。

 北朝鮮は協議に先立ち、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射した。SLBMの発射は16年8月以来約3年ぶりとされる。SLBMは米国近海から発射すれば米国の脅威になり得るので、トランプ氏はこれまでの短距離ミサイルのように見過ごすことはできないはずだ。

関連ニュース