記事詳細

米の風刺アニメ「サウスパーク」、中国で視聴禁止に

 痛烈な風刺で物議を醸す米アニメ「サウスパーク」が、中国国内で検閲によりインターネットでの視聴ができなくなる事態になっている。

 視聴禁止となった最新エピソードは、登場人物が大麻ビジネスをしようと中国を訪れ、逮捕されるというもの。刑務所で強制労働と再教育の対象となるほか、刑務所でくまのプーさんと出会うシーンなどがある。

 中国では近年、ネット上で習近平国家主席がプーさんと似ていると揶揄(やゆ)されたことから、プーさんが検閲の対象となっている。

 この事態に、サウスパークの制作者はツイッターに「われわれもまた自由や民主主義よりもお金を愛しています。習氏ははクマのプーさんにそっくりじゃありません」と投稿。さらに「中国共産党万歳! 秋のとうもろこしも豊作でありますように。中国さん、これで大丈夫?」と“謝罪”コメントを出した。