記事詳細

「表現の不自由展」再開は8日以降に 協議難航で6日再開できず

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で中止している企画展「表現の不自由展・その後」の再開に向け、芸術祭と不自由展の両実行委員会は6日、協議を続けた。6~8日の再開を目指すことを確認したが、調整は難航しており、6日を見送った。7日は休館日で、8日以降にずれ込む。芸術祭の会期は14日まで。

 トリエンナーレ芸術監督の津田大介氏は6日、名古屋市で開かれた表現の自由を巡る国際フォーラムで協議の状況について「妥結できるラインはお互いに見えているが譲れない一線があり、実際に妥結できるかどうか予断を許さない」と説明。 再開の可否に関し「五分五分だ。合意できれば8日に開ける状況。合意に至らなければ、多くの作家がボイコットして、トリエンナーレ自体が8日ぐらいに終了もあり得る」と話した。(産経新聞)

関連ニュース