記事詳細

【緊迫する世界】「ボルトン氏解任」で世界の流れに変化…金正恩氏は安堵か すべての外交が「損得だけ」になり…世界ますます混迷、安倍政権はどう動く? (1/2ページ)

 9月10日、ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が、ドナルド・トランプ大統領に解任された。その直後、世界の流れは変わった。ホワイトハウスの政治力学も大きく変わった。

 喜んだのは3人だ、トランプ氏の娘婿で、「イスラエルの代理人」と言われるジャレッド・クシュナー大統領上級顧問と、北朝鮮との関係回復で政治的得点を挙げようとするマイク・ポンペオ国務長官、中国とディール(取引)して市場を落ちつかせたいスティーブン・ムニューシン財務長官である。

 ボルトン氏解任直後の14日、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの石油施設2カ所が攻撃を受けた。

 イエメンの親イラン武装組織フーシ派が犯行声明を出したが、ポンペオ氏はイランがやったと断定した。トランプ氏は「イランが関与したんだろう」と述べたが、「(軍事衝突は)避けたい」と強調した。トランプ氏の計算では、戦争は金もうけにならないのだ。

 一方、この攻撃で、サウジアラビアは石油日量生産能力の半分(世界石油供給量の約5%)の生産停止に追い込まれ、石油原価は最大20%も上昇した。米国とロシア、中東の石油産油国には、うれしいニュースだ。

 イランの犯行となれば、クシュナー氏はイスラエルの肩を堂々と持つことができる。トランプ氏は、イスラエルの総選挙後、パレスチナ問題の「和平プラン」を発表する。クシュナー氏が仕切るので、和平プランはイスラエルに有利なものとなるだろう。

関連ニュース