記事詳細

藤井聡太七段「9年前の雪辱」果たす 谷川九段に勝利、初の王将戦挑戦者決定リーグ進出 (2/2ページ)

 谷川九段に勝利し、勢いに乗りたい藤井七段だが、王将戦は挑戦者となるのが最も難しいとされる棋戦の一つ。7人のリーグ戦では、豊島将之二冠(29)や、久保利明・前王将(48)などそうそうたる棋士が藤井七段の前に立ちはだかる。

 リーグ戦は今月下旬にスタートする。挑戦権を獲得すれば、渡辺三冠との王将戦は来年1月から開幕する。藤井七段が勝ち進めば、屋敷伸之九段(47)が持つ史上最年少タイトル獲得記録(18歳6カ月)の更新にも期待が集まる。

 勝てばこの日、勝利数が歴代単独3位の1325勝となるはずだった谷川九段は「私の内容が悪かった。今度機会があれば、競り合いができるようにしたい」。藤井七段へのリベンジを誓った。

関連ニュース