記事詳細

トランプ氏、異例の後悔「私が追い詰めた…」 米紙に兄のアルコール依存症死を語る

 兄に家業をやらせようとして追い詰めてしまった-。トランプ米大統領は自分が酒を飲まないのは、兄のフレッド氏がアルコール依存症で若くして亡くなったためで、その責任の一端は自分にあると後悔の念を吐露した。8日付の米紙ワシントン・ポストに語った。強気一辺倒のトランプ氏だけに「後悔や過ちを認めるのは珍しい」と同紙は指摘している。

 フレッド氏はトランプ氏より8歳年上の長男。家業の不動産業を継ぐよう幼少時から期待されたが、夢だった航空会社のパイロット養成コースに入った。

 父とトランプ氏は「時間の無駄だ」と早く家業に加わるよう説得。フレッド氏は酒量が増えて航空会社を退職し、不動産業に取り組んだもののアルコール依存症が悪化、1981年に42歳で死亡した。

 トランプ氏はインタビューで「兄を追い詰めたことを本当に後悔している。誰もが家業を継ぐことを喜ぶと考えていたが、兄はやりたくなかった。大きな間違いだった」と語った。自身についても「もし酒を飲んでいたら、今こうやって取材を受けるような立場になかっただろう」と話した。

 同紙は、酒を飲めば兄と同じように依存症になるとトランプ氏が懸念していると指摘。ただ、アルコール恐怖心を抱えつつも2011年には南部バージニア州でワイン農園を購入したという。(共同)

関連ニュース