記事詳細

【沖縄が危ない!】沖縄と国が対立する現状に打開策!? 辺野古新滑走路の「軍民共用化」構想 (2/2ページ)

 辺野古反対運動の目的が純粋な環境保護でも平和でもなく、所詮は「イデオロギー絡みの政治闘争」であることを如実に示しているといえよう。

 辺野古の滑走路を将来的に民間も使用可能にするためには、さまざまなハードルをクリアする必要がある。その第1段階として、米軍と自衛隊の共用化を目指してはどうか。

 他国の軍隊である米軍に対しては、県民ならずともアレルギーが強いが、近年、自衛隊への理解は沖縄でも進んでいる。

 米軍基地の自衛隊への移管が進めば、県民の反基地感情を沈静化させる上でも大いに役立つ。

 米軍基地の整理縮小と、自衛隊の役割拡大をセットで進めることで、抑止力の維持と基地負担の軽減を両立できる。中国の脅威に最前線で直面する沖縄としては、自衛隊の活用こそ基地問題解決の「落としどころ」だと私は信じている。

 そのためにも、憲法9条の改正が必要だ。沖縄に犠牲を強いているのは、自分の国を自分で守れない現実であることを、県民にも気づいてほしい。

 ■仲新城誠(なかしんじょう・まこと) 1973年、沖縄県石垣市生まれ。琉球大学卒業後、99年に地方紙「八重山日報社」に入社。2010年、同社編集長に就任。同県のメディアが、イデオロギー色の強い報道を続けるなか、現場主義の中立的な取材・報道を心がけている。著書に『「軍神」を忘れた沖縄』(閣文社)、『偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する』(産経新聞出版)など。

関連ニュース