記事詳細

トランプ氏が訪韓「中国と手を切れ」米中“板挟み”文大統領は窮地に… 米朝交渉決裂なら「焦土作戦」も現実味!? (1/3ページ)

 ドナルド・トランプ米大統領は大阪での20カ国・地域(G20)首脳会合後、韓国に乗り込んだ。30日の首脳会談でトランプ氏は、中国と手を切るよう文在寅(ムン・ジェイン)大統領に迫ると指摘するのは国際投資アナリストの大原浩氏だ。トランプ大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と電撃会談に臨む可能性も浮上。米中の板挟みにあえぐ文大統領が、さらに窮地に追い込まれる可能性もある。

 米中の「冷戦」は、大阪で大きな節目を迎えた。貿易戦争終結に向けた調整が付かず、「関税第4弾」発動となれば、米中の戦いは激化と長期化を避けられないが、株式市場は米中首脳会談への期待感から、ポジティブな反応を示していた。

 トランプ氏は何枚もの「カード」を手に、習氏との交渉に臨んだ。その1つが香港の「逃亡犯条例」改正案に反対する大規模デモだ。香港市民の激しい抵抗や国際社会の厳しい視線を浴びて、審議は延期されたが、そもそも英国から香港が返還される際、50年間は資本主義・自由主義の体制を維持するというのが条件だった。極めて緊密な関係を維持する英米両政府が連携し、香港市民の人権を守る闘いを支援する構図は、トランプ氏にとって有効に働く。

 香港の状況を見て「心ある人々」が危機感を抱く台湾も、もう1枚のカードだ。米国が「新・悪の帝国」と位置付ける中国から、自由主義社会を守る砦(とりで)として、台湾の重要性は高まっている。

関連ニュース