記事詳細

人体を粉々にしてその場で焼いた…金正恩式の高官処刑 (2/3ページ)

 特に金正恩党委員長の時代になってからは、高官に対する公開処刑の方法がひときわ残忍になっている分、目撃談が伝わるスピードが速いにもかかわらずだ。

 たとえば金正恩氏は2013年12月、叔父である張成沢(チャン・ソンテク)元党行政部長を処刑した。張成沢氏の銃殺は非公開で行われたとされるが、彼より先に葬られた側近たち--李龍河(リ・リョンハ)党行政部第1部長と張秀吉(チャン・スギル)同副部長の処刑は公開で行われている。

 各種の証言を総合すると、2人に対する公開処刑の様子は次のようなものだった。

 公開処刑は、平壌郊外にある姜建(カンゴン)軍官学校の練兵場で行われた。衛星写真により、これ以前にも公開処刑の様子が捕捉されていた場所だ。

 (参考記事:「家族もろとも銃殺」「機関銃で粉々に」…残忍さを増す北朝鮮の粛清現場を衛星画像が確認

 11月末の朝、党・軍・行政機関の幹部ら数百人が練兵場に集められた。10時ごろ、練兵場に張られた大きな白い幕が取り除かれると、木の杭に裸で縛り付けられた2人の姿があった。特別裁判官が「個人的な幹部に盲従盲動して反党、反革命、宗派行為を行った」との判決文を読み上げ、死刑の即時執行を宣言した。

 処刑に用いられたのは、大口径・4銃身の「高射銃」である。高射銃とは対空火器の一種で、北朝鮮では14.5mm口径の重機関銃4丁をひとつにまとめた「ZPU-4」が使用されている。14.5mm口径の銃弾は威力が大きく、通常は人間に対してよりも、軽装甲の車両やコンクリート塀などの遮蔽物を貫通・破壊するのに用いられる。

デイリーNKジャパン

関連ニュース